お部屋の傷補修・キズリペアならジェネシス/床などの木部・アルミサッシなどの金属

実績紹介

2019-04-09

無垢材建具の線キズ補修

補修工事(木部一般) ドア

再販売のリフォーム工事中に傷をつけてしまった、ということでの補修依頼事例になります。

 

木部の補修をするとき、気を付けなければならないキーワードの一つに、”方向変色”があります。

無垢材など見る方向によって色見が変わる部材に対して、基本的に補修材は色見が変わらなかったり、色見の変わり方が違ったりします。

更に縦木目に対して横断するような線キズはかなり難易度が高いものです。

 

補修で大切なのは全く元通りの木目を描く、ことではなく、

目立たなくする、生活しても気にならなくする、

ということです。

 

今回の実績写真は補修をしたところは見ればわかりますが、

傷の箇所を知らない人が見れば全く気にならないレベルにまで綺麗になりました。

ご相談無料! お気軽にお問い合わせください。

FAX:044-871-4202 
メールでのお問い合わせ:hoshu@genesis-jp.net