お部屋の傷補修・キズリペアならジェネシス/床などの木部・アルミサッシなどの金属

  • ホーム
  • 実績紹介
  • 珍しいデザインのドアハンドルの塗膜が剥がれてきたとき

実績紹介

2018-10-31NEW

珍しいデザインのドアハンドルの塗膜が剥がれてきたとき

レバーハンドル塗装 ドア

このような珍しいデザインのドアハンドルの塗膜が剥がれてきたとき、どうしますか?

交換→同じようなデザインで満足のいくタイプを探すのはかなりの手間になります。

 また、満足のいくデザインのものがあったとしても、元々のドアにそのまま取り付けられるとは限りません。

 ドアハンドルの芯棒が同じ形状でなければ取り付けられませんし、ドアハンドルの根元の台座カバーの形状もそのまま取り付けることができるかどうかわかりません。

 もし取り付けることが出来なかった場合、ドアを加工するか、元々のドアハンドルの取り付け痕が残ってしまう場合もあり、悩みの種はつきません。

 

再生塗装であれば、そのような問題は解消されます!

レバーハンドルの交換は、とにかく手間です!

初めてご依頼いただく法人のお客様には、初回のみ割引き特典をお付けいたしますので、お申し込みの際はこの投稿を見た、ということをお伝えくださいませ!

 

(神奈川県平塚市)

 

まずは写真を撮って、一度ご相談いただけたらと思います。

スマホで簡単見積もりはこちらで!

https://www.genesis-jp.net/estimate/

 

単価表の入った資料請求はこちらになります!

https://www.genesis-jp.net/document/

 

参考価格はこちらのページでも!

https://www.genesis-jp.net/trader/

ご相談無料! お気軽にお問い合わせください。

FAX:044-871-4202 
メールでのお問い合わせ:hoshu@genesis-jp.net